top of page

遊びで人は育つ

遊びは、子どもの成長と発達において不可欠な要素です。

​遊びを通じて、子ども達が得られる効果をご紹介します。​

C26C0294-30_Original 3.jpg

①人生の楽しさを体感

遊びは人生の楽しさを体感できる最高の手段です。

​"今"を本気で遊び楽しむことで、子ども達は幸福感に溢れ、人生の面白さを体感できます。ちなみに、遊びとは、本人が前向きに楽しくやっていること全てです。ドッヂボールや鬼ごっこはもちろん、本人が楽しんでいれば、スポーツや勉強も遊びであるとアソプロでは定義しています。

②自己決定力

自分で決めることが多い遊び時間の中で、子ども達は自己決定力を磨きます。遊びは自由な時間です。何も強制がない時間の中で、何をやるか、何をやらないのかは、その子自身に委ねられています。また、遊びは、「何する?」「どうする?」を自分の頭で考えて、自分で選択し、行動します。トライ&エラーを繰り返します。これらで磨いている力は、自己実現力と​言い換えられるかもしれません​。

C26C0372-45_Original 2.jpg
C26C0556-89_Original 2.jpg

③考える力

遊びの中で、子ども達は考える力を磨きます。

​人は楽しいことをやっている時は、「どうしよう?」「どうしたらもっとより良くできるか?」などを積極的に考えて工夫します。しかし、退屈なことは逆で、「どうしたらこの時間が終わるか?」という消極的な思考で、省エネモードになります。子ども達は遊びという楽しい時間の中で、自分の頭でたくさん考えて、考える力を磨いていくのです。

④対話力

遊びの中で、子ども達は対話力を磨きます。

「何して遊ぶのか?」を決めたり、ルールを作ったりする時に、​話し合って、主張、妥協、交渉を学びます。また集団遊びの他者との関わりの中で、助け合ったり、励ましあったり、教えあったり。時には喧嘩もしたり。そのプロセスで、社会で重要な人間関係やコミュニケーション能力も磨きます。

C26C0487-74_Original 2.jpg
C26C0154-1_Original.jpg

⑤自己表現力

子ども達は自由な遊びの中で、個性を爆発させます!自己表現しながら、何が好きで何が嫌いなのかなど、興味や才能を見つけることができます。遊びを通じて得た経験や興味が、子供の個性や適性を発見する手助けとなり、自分自身を知る大切な機会です。そして、勉強ばかりでは難しい、子ども達の本来の素質や才能を引き出して、自分の個性を磨く時間になるのです。

⑥ストレス発散

遊びはストレス発散にもなります。受験や勉強ばかりのプレッシャーの中で、子ども達のの心身のバランスを保つためにも、遊びの時間が大切です。学校は疲れます。リラックスして楽しむ時間を持つことで、ストレスを解消し、集中力や記憶力を向上させる効果もあります。遊びを通じて、子ども達が自分自身をリフレッシュできる環境を提供することが、学習効果の向上にも繋がるのです。

C26C0402-50_Original 2.jpg

⑦想像力と創造力

遊びの中で、子ども達は創造力と想像力を磨きます。子どもの常識に縛られないアイデアで、新たな遊びを創ったり、遊び心に溢れた工夫で、より楽しくするためのルールを生み出したり。ごっこ遊びでストーリーを豊かに想像したり、他者を思いやる想像力も磨きます。そして、木登りの時にでさえ、子ども達は創造的な方法で挑戦したり、解決したりします。

​⑧問題解決力

遊びの中で問題解決能力を磨きます。

​遊びには予想外のことがたくさん起きるからです。子ども達は遊びが、好きで楽しいからこそ、予想外の出来事や困難に向き合います。例えば、何かが壊れたり、みんなの意見がまとまらなかったり。そんな目の前に立ちはだかる壁に対して、子ども達は自分で考えたり、みんなで協力したりして、問題を解決して乗り越えていきます。

C26C0468-68_Original 4.jpg
C26C0312-33_Original 2.jpg

⑨好奇心旺盛さ

遊びの中で子ども達は、好奇心を育みます。なぜなら、遊びは自由だからです。好奇心、探究心、冒険心でしか動いていない赤ちゃんを見て、人はそもそも好奇心旺盛で生まれてくると考えています。遊びという自由の中で、子ども達は、ワクワクしたことに対してチャレンジしたり、「やってみよう!」と色んなことを実験してみたりしていきます。学習の原動力でもある好奇心が、遊びの中で磨かれているのです。

⑩自己肯定感

遊びの中で子ども達は自己肯定感を育みます。遊びの中で子ども達は、自分の興味にチャレンジすることがあります。そこで得た「自分の力で乗り越えた!」という成功体験の積み重ねが自信に繋がるのです。また遊びは自由であり、評価が存在しません。楽しければ、面白ければなんでもOK!みんなちがってみんないい。そんな評価、比較、競争が強いられていない空間も自己肯定感を育みます。

C26C0228-14_Original 2.jpg

『遊びと学び』は乖離していません。

 

上記の通り遊びは、最高の学び時間であり、未来に活かせることばかりです。


​ボストン大学のの心理学部の教授であり、遊びの研究者であるピーター・グレイさんは、「遊びは人生のテストである」と言っています。あたりまえですが、遊びを選べない人は、人生の選択も難しい。遊びの中で、自分で考えること、自分で選択することを繰り返してきた人は、人生でも、その時々に必要なことを自分で考え決断し行動することを繰り返しながら、人生を楽しんでいけるのではないでしょうか。遊びの延長線に人生があり、遊びで学んだことは仕事にも人生にも役立つと考えています。

そして、遊びの最大の価値は、楽しいことです。遊びは"今"を楽しむ活動であり、遊びの中で子ども達は、幸福感に溢れています。そうやって「生きる楽しさ」感じられること。それこそが一番の価値です。

 

アソプロは「遊びで人は育つ」という信念の基、子ども達と共に本気で遊び、人生を思いっきり楽しみます!

bottom of page